【Apple】新型iPhoneの購入を熟考してみた

こんばんは。

先日待ちに待った「Apple Special Event 2018年9月12日」にて新型iPhoneが発表されました。

発表されたiPhoneは、XS、XS Max、XRの3種類です。

私は現在iPhone7を使用して丸2年が経過したということで買い替えを検討してみました。

これから2018年の新型iPhone購入を検討している方の一助となればという思いから検討結果を整理しておきます。

検討時には自分のニーズや現在の利用状況等から総合的に判断しております。

比較表

まずは各製品の基本情報の比較から…

今回の3製品は共通の部分が非常に多いので検討ポイントになりそうなところを抜き出しつつ、中でも重要な項目を赤字で表現しております。

製品名 iPhone XS Max iPhone XS iPhone XR
発売日 2018年09月21日 2018年10月19日
(64GB) 124,800円 112,800円 84,800円
(128GB) 90,800円
(256GB) 141,800円 129,800円 101,800円
(512GB) 164,800円 152,800円
プロセッサー A12(Bionicチップ)、次世代のNeural Engine
NFC ○(FeliCa)
Face ID
サイズ/解像度/画素密度 6.5インチ(2688x1242px)、458ppi 5.8インチ(2436x1125px)、458ppi 6.1インチ(1792x828px)、326ppi
ディスプレイ Super Retina HDディスプレイ 6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイ HDRディスプレイ 1,000,000:1コントラスト比(標準) Super Retina HDディスプレイ 5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイ HDRディスプレイ 1,000,000:1コントラスト比(標準) Liquid Retina HDディスプレイ 6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi-Touchディスプレイ 1,400:1コントラスト比(標準)
3D Touch
カメラ(背面) 1200万画素(裏面照射型センサー)x2(広角と望遠カメラ) 1200万画素(裏面照射型センサー)
カメラのレンズ 広角:F1.8、望遠:F2.4 F1.8
ズーム 光学ズーム:最大2倍、デジタルズーム:最大10倍(動画時は最大6倍) デジタルズーム:最大5倍(動画時は最大3倍)
光学式手ブレ補正 ○(広角・望遠レンズ対応のデュアル光学式手ぶれ補正)
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級 IEC規格60529にもとづくIP67等級
連続通話時間 最大25時間 最大20時間 最大25時間
インターネット利用 最大13時間 最大12時間 最大15時間
ワイヤレスビデオ再生 最大15時間 最大14時間 最大16時間
ワイヤレスオーディオ再生 最大65時間 最大60時間 最大65時間
カラー シルバー、スペースグレイ、ゴールド イエロー、ホワイト、コーラル、ブルー、(PRODUCT)RED
本体の材質 ステンレススチール製フレーム アルミニウム製フレーム
77.4mm 70.9mm 75.7mm
高さ 157.5mm 143.6mm 150.9mm
厚さ 7.7mm 8.3mm
重さ 208g 177g 194g

画面サイズ、ボディサイズから検討

まずはサイズ感の違いから検討してみると、やはり6.5インチのXS Maxは大き過ぎる…

スマホでも「大画面でゲームを楽しみたい!」というニーズがある人には良いかもしれませんが、私の場合はそういったことはありません。

大きさよりもモビリティの高さを優先したいため、この時点でXSかXRの二択に。

ディスプレイの美しさ、カメラ性能から検討

XSとXRを比較する場合に大きな差になるのはカメラ性能です。

単眼のXRか、広角と望遠のデュアルカメラを備えたXSか。

仕事上、普段から写真や動画を撮影することが多いのですが、常にカメラを持ち合わせるのは中々大変なのでできればスマホ一台で済ませたいところです。

そして、せっかく綺麗に撮った写真や映像はより綺麗な画面で見たいです。

以上の点からどちらかというとXSの方が優勢です。

価格面から検討

できればXSという思いに最もネックになるのが価格の差です。

例えば、64GBのモデルで比較をしてみるとXSが112,800円、XRが84,800円、であるためその差額は28,000円になります。

2,8000円は決して安い金額ではありませんが長い目で見た場合、今後買い替えを検討する際にも中古買取をしてもらうことになるかと思います。そうした場合、現時点での28,000円の差が中古買取時の差額によって縮まることになります。

XSとXRの比較を一年前のモデルに置き換えてみると、iPhone XとiPhone8 Plusを比較するイメージになるかと思います。

この二つのモデルをイシオス買取で64GB中古買取最高価格(2018/9/14現在)を確認してみると、iPhone Xが63,000円、iPhone8 Plusが39,000円ということでその差額は25,000円になります。

元々価格の違いがある二つのモデルを比べてみると、1年経ってもやはりこれくらいの差がついた状態となります。むしろハイエンドモデルの方が値崩れしにくいというメリットもあるかと思われるほどです。

つまり、今現在購入価格に3万円近い差があったとしても数年後の乗り換え時にはその差はかなり小さいところまで縮まると言えると思います。

もちろん現時点での負担増という点は否めませんが、そこさえクリアできれば長い目で見た場合には少しの差額で高機能な端末を使うことができます。

以上の理由からXSに決定致しました!

 容量、色を検討

あとは容量と色をどうするか。

2年前に購入した現在のiPhone7のストレージ使用状況を確認してみると…

2年間一度も写真や動画を削除しなくても、128GBの半分にも満たない59.3GBを使用していることが分かりました。

実際、使用していないアプリが半分以上あるのでそのあたりも容量を節約できそうです。

写真も一年に一回退避する程度ならたいした手間にはなりませんしね…

ということで私の場合は64GBで十分だという判断に至りました。

そして、カラーはやっぱり新色のゴールド!

現物をハンズオンした方のレビューによると今回のゴールドは非常に綺麗だということで、これはもうゴールド一択しかないですね。色は好みによるかと思いますが…

まとめ

以上の検討結果から私の場合はiPhone XS 64GB ゴールドを本日予約致しました。

特に問題なければ9/21には発送されるそうです。

これまで長年auを愛用してきましたが、今回のSIMフリー版iPhone購入によって格安SIMへと乗り換え予定です。

ちなみに今のiPhone7 128GB ブラックはSIMロックを解除し、ソフマップで買い取ってもらう予定です。

今回の検討事項や視点が皆様の今後の買い替え検討の一助となれば幸いです。

充実したスマホライフを!

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。