【初登頂】木曽駒ケ岳の素晴らしき景色

2018年8月5日

こんばんは。

本日は朝方3時には新城市を出発し、長野県は「木曽駒ケ岳」へトライしてまいりました。

木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ)は長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる標高2,956mの山で、木曽山脈(中央アルプス)の最高峰。日本百名山[3]、新日本百名山[4]、花の百名山[5]に選定されている。木曾駒ヶ岳とも表記され、また略して木曽駒と呼ばれる事もある。 –wikipedia より

結論から申し上げると随行した3人全員で無事に登頂することが出来ました!

素晴らしい景色に身も心も洗われる気分になりました。


新城を3時に出発して高速道路を使用しつつ、6時前後には木曽駒ケ岳のロープウェイへと続くバス停に到着。既に多くの方で賑わっていました、さすが日本100名山!

臨時バスも含めて多くのバスが出発しておりましたので15分ほどで搭乗することができ、順調にロープウェイに乗り継げました。

そこから約1000メートルをロープウェイで一気に駆け上がり、高山地帯へ。

いよいよ登山のスタート!

登山開始時から千畳敷カール等の素晴らしい景色、高山ならではの花々など常に飽きることなく楽しく登ることが出来ました!

日程調整などでご協力いただいたこともあり、これだけ素晴らしい場所へ行くことが出来たのにはただただ感謝です。ありがとうございました!

是非とも皆さんに一度は行っていただきたい素晴らしい山でした^o^

登頂後は下山し、麓で名物のソースカツ丼を食べつつ温泉に癒されてから新城へと帰ってきました。

帰りはほぼ下道で帰りましたがやはり高速道路と比べると運転が疲れますね…^^;山道がメインでコーナリングが非常に多いのも一因ですが。

何はともあれ早朝からのトライで疲れ切っておりますので、今日はゆっくりと休みたいと思います。

明日は1日仕事で忙しくなりそうです。

それでは、また明日!