【出張】2日間の東京研修へ

こんばんは。

昨日、今日と二日間掛けて、東京研修へ行ってまいりました。

まずは衆議院会館・参議院会館を訪れ、各先生方を表敬訪問するとともに新城市の道路事業に関する陳情を提出してまいりました。

広大な土地を有する新城市においては、国道・県道・市道問わず道路事業の早急な対応が必要だと考えています。

陳情活動も含めて少しでも早く、停滞している道路事業が推進できるように努めていきます。

藤川政人参議院議員、酒井庸行参議院議員、太田昭宏衆議院議員、伊藤渉衆議院議員、今枝宗一郎衆議院議員、と多くの方に説明をさせて頂くことができました。


その後は、「森林環境税(仮称)及び新たな森林管理システムについて」「辺地対策事業債及び過疎対策事業債の運用方法」「合併特例債の今後について」といったテーマの勉強会を実施し、それぞれ担当省庁の方から説明と質問・議論をさせて頂きました。

各制度を熟知した国の担当者の方との勉強会は非常に有意義なものでした。

これらのテーマは新城市にも密に関わりのある仕組みですので、よく理解し、新城市でも積極的かつ有効に活用していける取組みをしていきたいです!

財務省や国立印刷局東京工場等も訪問させて頂き、様々な情報交換をさせて頂くとともに学びのある二日間となりました。

印刷局のシンボルは鳳凰だそうです。単純にカッコいい…

今回の研修を通して学んだ中でも、森林環境税・森林環境譲与税については新城市にとって特に注目すべき内容かと思いますので別途詳細な内容を整理して紹介したいと思います。

それでは、また明日!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。