【初登庁】初めて尽くしの1日

こんばんは。

本日、2017/11/13は新城市議会議員としての登庁の日でした。

朝から会合が行われ、バッジを受理すると共に常任委員会の検討、今後のスケジュール確認等が実施されました。緊張感のある中で無事に終了。

議員バッジの真ん中に「市」という文字が刻まれていることをめて知りました。市の代表者の一人として活動していくことを含め、改めてバッジの重みを感じております。

その後は引き続いて、当選議員研修会が実施されました。

新人議員が今後議員活動にスムーズに取り組んでいけるように基礎知識を学ぶための勉強会です。聞くところによると、毎期勉強会の内容がグレードアップされ、手厚い説明を受けられるようになってきているそうです。円滑な議員活動へ入っていけるためのサポート体制に感謝です。

午前中は、議会事務局から「議会制度の概要について」の説明を頂きました。

地方議会に求められていることや、議会制度・新城市議会の概要、通告書の手続きについて、と言った基礎的な情報から、今後の議員活動に向けての指針となるようなお話をお伺いしました。

「地方議会」

国の政治には国会があるように、地方公共団体には議会(地方議会)が置かれています。

地方議会の議員は、それぞれの地方公共団体の住民によって、直接選挙で選ばれます。

それぞれの地方議会には、地方公共団体の規模に応じた数の議員がおり、さまざまな地域の声を反映することが期待されています。

地方議会は、地方公共団体独自の法である条例を定めたり、予算を決定したりするといった仕事を行います。  - 2017年初当選議員研修資料より引用

↓今後はこんなスケジュールで毎年活動していきます。

↓気なる内容も。気を引き締めて活動して参ります。


午後からは、「新城市総合計画及び企画部所管事務について」、「新城市の財政について」、「市民自治社会創造について」と題して各担当課からそれぞれ1時間での概要説明を頂きました。

1時間ではそれぞれ触りの部分を理解するので精一杯でしたが、たくさんの参考資料を頂けましたので12月の定例議会が始まるまでにできる限りの資料を読み込んで理解しておけるようにします。

また、随時不明なところがあれば担当課の方々に確認させて頂きながら理解を深められればと思います。

明日は「11月臨時会の招集告示」ということで議案説明の会合があります。

しっかりと説明を聞いて臨時会に取り組む準備を整えておきます。

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。