【参加】コンテンツ・ツーリズムと豊橋の可能性

こんばんは。

本日は朝から晩まで、新城・豊川・豊橋を駆け回る1日となりました。

ハードな1日ではありましたが、やりたかったこと・やるべきことが数多く進められ、非常に有意義な日となりました。

そんな中、夕方からは豊橋市公会堂にて豊橋商工会議所青年部主催で開催された「公開シンポジウム コンテンツ・ツーリズムと豊橋の可能性」のお話を聞いてまいりました。

コンテンツ・ツーリズムというキーワードを元に岡本教授の学術的視点、あげつち商店街の平田さんを始めとしたパネリストの方々の実例から振り返った視点等、これからの地域社会の発展のヒントになるお話を沢山聞くことができました。

特に、コンテンツへのアクセス方法として挙げられる、

  • 物理的・身体的アクセス
  • 知識的・情報的アクセス
  • 感性的・感覚的アクセス

という3つのアクセスの中でも今後重要になっていくであろうという3つ目の「感性的・感覚的アクセス」に訴える仕掛けを講じていく必要性を感じさせられました。

新城市でのツーリズムもまだまだ伸び代があるはずですので、ますます新たな開拓していかねば…

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。