【実食】bousai-1 グランプリならではのカレーライス

こんばんは、継続34日目です。

今日は昨日お話しした新城市防災フェスタに参加してきました。

天候にも恵まれ、多くの人で賑わっていました。

地震の体験車やレスキュー体験、ヘリコプターの離着陸等、内容が盛りだくさんのイベントで大盛況でした。知り合いの方々にも多く会えました。

特にヘリコプターのかっこよさはピカイチで、子供たちも目を輝かせて見ていました。

そして、お目当のbousai-1グランプリのカレー炊き出し対決の試食へと向かうと…

全てのカレーが終わってしまっていました…残念

思ったよりも調理がスムーズに進み、カレーの配布時間が前倒しになったそうで食べ損ねてしまいました。余裕を持って計画的に動くべきだなと改めてしみじみと感じました。

カレーは終わってしまいましたが、炊き出しでの塩むすびが配給されていましたのでそれを頬張りました。アルファ米を堪能できました。

カレーの炊き出し対決では各チームが災害発生時に備蓄品としてあるであろうものを使ってオリジナルのカレーを作っていて、そのクオリティの高さに驚かされました。

コーンの缶詰とマカロニを使用して見たり、乾パンを砕いてトッピングに使用してみたりと非常にバラエティに富んだアイディアが出ていました。既に胃袋がカレーを受け入れる体制になっていたという状況を抜きにしても、美味しそうに作れていたかと思います。

そして、暑い中bousai-1グランプリを無事成功させた実行委員、スタッフのみなさん本当にお疲れ様でした。前日もまちなみ情報センターでがっつり打合せをしているところに遭遇しましたので成功へ導くための努力を積み重ねていたことは間違いないかと思います。

「来年こそ、防災フェスタでカレーを食べるぞ!」という抱負を語って締めたいと思います。

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。