【3月定例会】総務消防提出予定議案説明会

2018年2月9日

こんばんは。

今日は午後から総務消防委員会所管の課からの3月定例会提出予定議案の説明を頂きました。

正式な議案説明前に、事前に提出予定の議案を説明頂けることで早め早めに調査や下調べができるようになるかと思います。

提出予定議案数はさほど多くはありませんでしたが、29年度補正予算や30年度予算に係る内容もありましたので細かく情報収集しておきたいです。


その後は新城市消防防災センターへ移動し、消防本部の勉強会が開催されました。

消防車両の更新計画大規模災害時の対応方針等についての情報を学ぶことができました。

特に大規模災害時の対応については、新城消防の所管内の消防士の動きから周辺地域も含めた広域での支援対策等々についてお話を聞くことができ、安心感を得られました。この情報を一人でも多くの人に伝えていきたいと思います。

救急救命訓練の実演を始めたようとした際に、本物の救命出動司令が出て実演は中止となってしまいましたがリアルな現場の姿を見ることができました。

新城消防が備えている様々な救命グッズも見せて頂けました。

化学防護服まであるとは知りませんでした。

勉強会を通して、改めて消防本部の役割とそのありがたみを感じることができました。

普段の生活で消防の方々と接する機会は少ないと思いますが、有事の際のために活動をしてくれている消防関係各位のみなさんに感謝すると共に、その活動を一人でも多くの市民に知ってもらいたいと思いました。

いつもありがとうございます!


様々な理由で新城市を出て行く方がいます。

市内に住んでいる方の声を聞くのはもちろんですが、出て行く方の声にも多くのまちづくりのヒントになる声が紛れ込んでいるのではないかと感じます。

まずは自分ができることをコツコツと。継続は力なり。

それでは、また明日!