【12月定例報告会】行政から議会への情報共有

2017年12月26日

こんばんは。

本日は朝から定例報告会に出席しました。

定例報告会は月に一度開催される行政から議会への情報共有の場です。

今回の報告会では2点発表事項がありましたのでここで共有致します。

平成29年 新城市重大ニュースについて

今年1年間の間に新城市で起こった出来事の中から市長が選ぶ重大ニュースを発表するという趣旨の元に毎年実施しているものだそうです。

この中でも私が気になったのは「空き家対策本格始動」というニュースです。

3月に「空き家等対策計画策定」、10月に「空き家等対策に関する協定締結」ということで、着々と行政的な仕組みが整いつつある状況です。

昨年お世話になった、豊森なりわい塾で勉強させて頂いた「おいでん・さんそんセンター」など、私自身も興味のある分野ですので今後とも動向を注視して参りたいと思います。

新城市でも空き家がますます増える傾向にあるかと思いますので、対策が手遅れになることのないよう、早めの対応をしていく必要があります。

新城IC周辺地区企業用地開発事業のスケジュールについて

新城IC周辺の企業用地の分譲に関する情報提供がありました。

商談、問い合わせについて随時対応しており、幅広く募集の声掛けをしていくそうですので少しでも興味がある方がいらっしゃいましたら新城市土地開発公社へ問い合わせ願います。

詳細な募集要項は新城市のHPに掲載されておりますので、まずはそちらをご覧いただければと思います。


また、その他の情報共有事項として「しんしろまちなか映画祭2018」についても報告がありました。

懐かしの映画が新城市文化会館小ホールで観られるそうですので、ご都合が良い方は是非とも足をお運びください。

3/3、3/4の二日間で4本の映画が上映され、前売券なら1本500円で観られます。

当日券は800円ですので、観に行かれる予定の方は1/4以降に新城文化会館あるいはピアゴ新城店にて前売券をお買い求めください。

それでは、また明日!