【初参加】三遠南信サミット2018 in 東三河

こんばんは。

本日は朝から晩まで丸一日豊橋で過ごす日となりました。

まず午前中は「平成30年度 三遠南信、浜松三ケ日・豊橋道路建設促進議員協議会 総会」へ出席致しました。

ここでは、豊橋市副市長の有野充郎氏から「三遠南信地域の広域道路網について」の説明がございました。

三遠南信自動車道路、浜松三ケ日・豊橋道路の整備による効果や現状・今後の予定等々、非常に充実した内容で分かりやすくお話いただきました。

新城市にとっても三遠南信自動車道の全面開通は飯田方面へのアクセスが格段に良くなります。

そして、その飯田市にはリニアの駅もできるということですので、三遠南信自動車道を利用してパークアンドライドする未来が描けそうです。

その場で昼食を済ませた後に午後からは会場を移動して「第26回三遠南信サミット2018 in 東三河」に出席してまいりました。

今年のサミットテーマは、「三遠南信流域都市圏の創生〜日本の県境連携先進モデル〜」ということでサミット全体を通して、広域での連携を主軸に置いた多方面での地域活性化について意見交換が実施されました。

前半の全体会では「第2次三遠南信地域連携ビジョン(案)」についての報告とパネルディスカッションが行われ、後半の分科会では4つのテーマに分かれて発表と意見交換がなされました。

4つのテーマは以下のもので、

  1. 「道分科会」:中部圏の中核的都市圏となる地域基盤の形成に向けて
  2. 「技分科会」:革新を取り込む産業創造圏の形成に向けて
  3. 「風土分科会」:流域文化創造圏の形成に向けて
  4. 「住・人分科会」:安全安心な広域生活圏の形成、地域の持続的発展に向けた人材集積地の形成に向けて

私は4つ目の分科会に参加しました。

分科会の冒頭では、「LLP マリッジローカルコネクト」「NPO未来化プロジェクト」についての発表があり、どちらも興味深いものでした。

マリッジローカルコネクトは“地域と都市をつなぐ結婚をプロデュースする”というユニークなもので、やはり需要もかなりあるようです。

未来化プロジェクトでは、若者1000人会議のお話がありました。是非ともタイミングを合わせて一度傍聴してきたいと思います!

分科会後の報告会では、各分科会のまとめが報告されると共にサミット宣言が発表されました。お時間ある際に是非とも一読ください。

明日は久しぶりに出席するイベントや会議等がありませんので、溜まっている事務作業にみっちり取り組みたいと思います!

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。