【作手中】模擬裁判員裁判の実施

こんばんは。

新城市の作手中学校で弁護士による「模擬裁判員裁判」の出前授業が実施されたそうです。

新城作手中で模擬裁判員裁判 – 東愛知新聞

少なくとも私が中学生だったころは裁判を意識したことはございませんでしたが、模擬的に裁判員裁判の制度を体験することで社会にある仕組みへの理解が深まると思います。

また、今回のようにグループ評議をすることで論理立てて考える思考力、グループでのディスカッションの力等々、様々な学びがあるように感じます。

是非とも同様の授業を市内の他の中学校でも実施していっていただきたいです。

そして、政治への興味ついても高校での模擬選挙以外に主権者教育に関わるような出前授業が実施されていくことを望んでまいりたいと思います。

なお、現在の作手中学校の校長は木村恭一先生です。

幼い頃お世話になった先生が校長先生になられたと聞いて、非常に喜ばしいです!


明日は朝4時半に詰所集合で火災想定訓練があります…

寝坊しないように早めに寝なければ。

火災想定訓練後には西部地区住民運動会や消防団での草刈り等々盛りだくさんの1日です。

明日は早朝から夕方まで非常にハードな1日になりそうですがしっかり頑張ります!

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。