【公共施設】「これから」を考えるワークショップ

2020年2月6日

こんばんは。

本日は、『新城市公共施設の「これから」を考える 第2回ワークショップ』に出席してまいりました。

前回の文化会館での第1回に引き続いての開催ということで、お忙しい中お集まりいただいた地域の方々には感謝しかありません。

第1回の内容を受けてのワークショップということで、以下のような流れで会が進行致しました。

  1. ワークショップの説明
  2. ディスカッションテーマ1:廃止を検討する施設と残したい機能
  3. ディスカッションテーマ2:施設の再編と課題の整理
  4. 各グループの発表及びコメント

参加者の方々のご協力もあり、スムーズな進行のワークショップになったのではないかと思います。

全体の印象としては、廃止や統合など、思い切った意見が多かった感じがしました。

箱物床面積30%カットに向けて大胆な対応が必要になる中、行政としても背中を押してもらえる一助になったかと思います。

長時間にわたるワークショップ、お疲れ様でした!


明日は朝から経済建設委員会の事前議案説明会です。

まだまだ不慣れなところもございますが一生懸命取り組んでまいります。

それでは、また明日!