【第27回】三遠南信サミット2019in南信州

こんばんは。

本日は、朝から飯田市に出向き、午前中に『三遠南信、浜松三ヶ日・豊橋道路建設促進議員協議会総会』、午後からは『第27回三遠南信サミット2019 in 南信州 新たなビジョンの始動〜将来に向けて今すべきこと〜』に出席してまいりました。

昨年の豊橋開催に続いて2度目の開催でしたが、1年間での進捗状況等が理解できる有意義な時間となりました。

今後も三遠南信、浜松三ヶ日・豊橋道路の動向については随時情報共有をしてまいりたいと思います!

新城市にとっても、どちらも非常に意味合いのある事業ですので…

サミットの中では、アリーナ内に広げられた大きな地図にプロジェクションマッピングを活用して現状の課題や今後の展望をご説明いただく機会があり、興味津々で聞かせていただきました。

三遠南信地域の今後のあるべき姿について、色々と考えさせられる学びがありましたので大いに今後の活動の参考にさせていただきます!

サミットを終え、そのまま下道で急いで新城まで帰ってきて、次年度の理事会メンバーでの会議に参加。

本日の会議では次年度委員長の所信表明について協議しました。

各委員長の考えや想いがよく分かりました!

私も急いで所信を修正しなければ…

2時間半に及ぶ会議を無事に終えて先程帰宅しました…

朝から晩までほぼ暇なくハードな1日でぐったりですが、まだまだやりたいことが…

明日は早めに起きて1日作業等頑張ります!

それでは、また明日!

【第27回】三遠南信サミット2019in南信州」への2件のフィードバック

  1. 三遠南信道路は早期全線開通が願いですが、開通日程は全く不明ですね。
    計画、予定で良いので見通しが知りたいですね。
    青崩れ峠は調査すらできない状況で、10年以内の開通は不可能と言われています。
    我々が生きている間に開通を見たいですね。

    • まだまだ見通しが不透明な部分はありますが、今回伺った話の中では遅くとも10年以内に前線開通を目指しているようでした。(リニアとの関係もあるため)
      青崩峠についても現状報告があり、調査坑については約5000mの距離が9月頭に掘削完了し、本坑については10月中旬時点で約400m掘削という状況でした。
      着実に進んではおりますので、そのあたりも随時情報共有していければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。