【発見】新城の萩平遺跡にて

2019年9月5日

こんばんは。

2013年から毎年この時期に愛知学院大学によって、新城市川路の萩平遺跡の発掘調査が行われてきており、今回の調査で縄文時代草創期のものに見られる縦長の石刃が見つかったそうです。

新城での遺跡調査が歴史を紐解く何かのキッカケになるかもしれないと思うと非常にワクワクします。

まだまだ新しい発見がありそうです…

新城の萩平遺跡 斜めに立った石が見つかる|東愛知新聞


明日はひたすら黙々と作業をする1日になりそうです。

書類作成等、地道な作業ですがしっかり取り組んでまいります。

しばらく全くと言っていいほど運動出来ていませんが、少し涼しさも出てきましたし、久しぶりにランニングもしたいところです…

それでは、また明日!