【新手法】”NHK地域づくりアーカイブス”の活用

こんばんは。

暑い日が続いておりますが、今週末は新城でも夜店や軽トラ市、豊橋では祇園祭など楽しいイベントが盛り沢山でした。

常にこまめな水分補給を心掛ける必要がありますね。

そんな中ですが、市内の各学校では終業式が執り行われ生徒たちは夏休みに突入しております。

夏休み中は平日でも各所で学生を見かけることが多くなるかと思いますが、地域で見守るような活動をより一層推進して頂けましたら幸いです。


今朝見かけたテレビ番組で放送されていたのが「NHK地域づくりアーカイブスを活用した主権者教育に関する授業」の取り組みです。

「NHK地域づくりアーカイブス」には、NHKで放送された地域づくり関する内容の動画が多数保存されており、誰でも自由に閲覧することができます。

それらの動画を活用し、学校の授業でまちづくりを考える際のインプットに役立てるというものでした。

そして、得た情報を自分のまちに置き換えたり、他の課題に応用させることで生徒が主体的にまちづくりへの関わり方を考えられるようになっていました。

すぐに学校の授業に取り入れることは難しいかもしれませんが、各種ワークショップやイベントなどで有効に活用することを検討してみるのも面白いかもしれませんね!

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。