【喜】平成29年度 中学生議会を傍聴して

こんばんは。

今日は「平成29年度 中学生議会」を傍聴して参りました。

新城市の交通や、観光PR、人口問題等々…日々の生活において身の回りで感じることや地域の方々から聞く声を元に、行政への質問・提案をされていました。

その行為自体は、議員がやっていることと全く相違ありませんでした。

課題となっていることをしっかりと調査し、それに対する若者らしい対策等も検討されていて、ただただ感心していました。

お恥ずかしいことに、私が中学生の頃はそんなことを考えたこともなかったので…^^;

この中学生議会での体験を通して、市政に興味を持つ若者が少しずつでも増えていくことには非常に大きな価値があります。そして、参加した中学生の和がますます広がっていくことを期待しています。

若い頃から地元に対しての興味・関心・愛着が育まれていくことで、未来の新城市を担っていってくれる若者が増えていくはずです。

各中学校、素晴らしい一般質問でした!


その後は作手のタカハウスへ!

NHKさんが「ボードゲームと民泊で町おこしにチャレンジするたかひろさん」を取材に来るということでエキストラで参戦してきました。

ボードゲームと鍋を満喫させてもらい、楽しい時間を過ごせました!

ボードゲームは初対面の人と人の壁を無くしますね!

たまたまボードゲームに参加していた作手中学校3年生の少年に出会いました。

彼は是非とも「若者議会に参加したい」っと言ってました。そして、これからも新城で就職して暮らしていきたいという想いを聞きました。改めて、自分自身ができることを全力でやっていこうという想いにさせてもらいました。

中学生議会の発表も含めて、新城市の若者に今後の可能性を感じる素晴らしい1日になりました。

今後も若者に対して、できる限りの全力サポートを続けて参ります。

明日も学びが多い1日になりそうです。

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。