【資質】議員に必要なものは…?

2018年4月11日

こんばんは。

今日は全員協議会でした。

来週から始まる議会報告会の事前練習と修正・指摘等の検討です。計五日間に渡って、市内10箇所で実施する予定の議会報告会の準備作業です。

議会報告会については案内のチラシが配布されているとのことですが、ブログ上でも別途ご紹介したいと思います。

2時間ちょっとで全員協議会が終了し、その後は広報広聴委員会が開催されました。

3月定例会の内容が掲載された次号の議会だよりの内容を精査しました。

市民意識調査のアンケートの中でも議会の主な情報源として議会だよりを挙げている方が非常に多かったので、より分かりやすい議会だより作成に力を入れていく必要があると感じました。

来週の頭には入稿し、印刷・配布へと続いてまいります。

そして、お昼休憩を挟んで議会改革調査特別委員会が開催されました。

先日集計された「議会に対する市民意識調査」の結果に対して、意見や感想を出し合い、今後の議会改革に活かしていく議論がされました。

その中で「今後、議会が取り組むべき課題は何だと思われますか。(複数回答可)」という設問に対して、22.7%という多くの方が「議員の資質を向上させること」という回答にチェックを入れられていました。

資質という言葉は本来「生まれつきの性質や才能」を指しますが、ここでは「能力」と同義のものとして理解して頂ければ良いです。

何をどうすれば議員の資質が向上するかというのも難しい議論になるかと思いますが、そんな資質に関するニュースを見かけましたのでご紹介しておきます。

議員の知識不足露呈、議会証言でザッカーバーグ氏に迫れず

議員が複数人いるからには、異なった分野・価値観を持つ人を選ぶことも大切なことの1つかと感じました。

全ての事柄に精通している方は中々いらっしゃらないかと思いますので、それぞれの専門分野を活かした議員が必要という考え方もできると思います。

そういう意味で、専門性を活かした議員集団から成る議会だったら、何だかワクワクするなーと思いました。

それでは、また明日!