【再熟考】第4期若者議会 中間発表

こんばんは。

本日は「第4期若者議会 中間発表」を傍聴してまいりました。

傍聴者が非常に多く、大混雑の状況でスタートしました。

前半は意見交換会ということで、若者議会のメンバーと担当部局の職員とのざっくばらんな意見交換が約1時間に渡り実施されました。

私も各テーブルを回って状況を見させていただきましたが、どのテーブルも議論が白熱しており担当部局からも鋭い質問が飛び交っておりました。今回から実施されたこの意見交換会の場でしたが、そういう意味でも非常に有意義であったと感じます。

もちろん、これまで数ヶ月かけて各委員が真剣に考えてきた内容ですが、それを事業・政策立案のプロである市の担当者にチェックしてもらうことでより精度の高い政策作りへと進んでいけるのではと感じました。

その後は議場へ移動して、各チームの発表と赤青黄カードによる審査が実施されました。

全体的には黄色のカードが多い印象でしたので、事業の詰めがまだまだ不足していたとのことだと思います。

残り2ヶ月ちょっとの間、ますますの頑張りに期待しております!

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。