【傍聴】平成30年度第3回新城市総合教育会議

こんばんは。

本日は、「平成30年度第3回新城市総合教育会議」を傍聴してまいりました。

この会議は年度毎に3度実施されるそうで、今日の会議が平成30年度最後の会議になります。

会議には市長、教育長、教育委員、担当課が出席し、新城市の教育に関する様々な意見交換や方向性の共有がされます。

本日の会議では協議事項として、

  • 給食調理施設の検討経過と結果報告について
  • 教育方針説明(案)について

の大きく2点が話されました。

給食調理施設については、現在の自校方式から「複数の中学校区を単位とした共同調理方式(市内2箇所のセンター)」へ移行していくとのことです。

現状の自校方式を維持していくのは費用面でも人材面でも負担の大きさから考えて難しい状況ですので、止むを得ない決断かと思います。

また、教育方針説明(案)については3月議会で説明予定の内容が共有されました。

3月議会においても「教育」をテーマにした一般質問を考えておりますので、この教育方針の内容についても参考にさせていただきたいと思います。

少しでも新城市の教育がより良い方向へ進んでいけるよう…

まだまだ朝晩の冷え込みが厳しい日が続いております。

くれぐれも体調管理にご注意を!

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。