【12月定例会】本会議第3日目

こんばんは。

本日は12月定例会の本会議第3日目ということで、昨日に引き続いて6名の議員が一般質問へ登壇致しました。

特に大きな問題は無く、無事に1日を終えることができました。

一般質問の中でも、佐宗議員の「台風21号及び台風24号被害について」の質問は私自身も非常に関心のあるテーマでしたので少しご紹介しておきます。

新城市に対して被害報告のあった件数に関しては、台風21号で94件、台風24号で766件ということでした。

被害の内容としては主に、倒木や崩土・土砂崩れ、家屋の一部損壊等があったそうですが、中でも倒木が非常に多かったそうです。倒木の被害を減らすためにはやはり森林整備も急務になってきます。

また、土木課が所管となる範囲における復旧の進捗状況については、21号での被害は全て対応が完了したとのことです。

24号については、173件のうち76%が完了済みで残りの案件に関しても12月の補正予算の執行によって対応が完了していくとのことです。

それ以外の小さな被害については土木班の作業によって緊急性が高いものから順次対応していくとのことですが完全に全ての対応が完了するまでにはまだしばらく時間がかかりそうです。

担当課も必死に対応をしていただいておりますので、一刻も早い完全復旧を願うばかりです。

それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。